兎角の読み方と意味、「とにかく」と「とかく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「兎角」という言葉があります。

     

    この兎角に使用されている漢字(特に”兎”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは兎角の読み方と意味、「とにかく」と「とかく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.兎角の正しい読み方は「とにかく」「とかく」?

     

    では兎角の正しい読み方は、「とにかく」「とかく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、兎角の正しい読み方は「とかく」になります

     

    兎角の”兎”は「うさぎ」「と」と読むことができますが、「とに」と読むことはできないので、兎角を「とにかく」と読むのは間違いです。

     

     

    「とにかく」というのは、”兎に角”と書き表されるため注意が必要です。

     

     

     

    また兎角(とかく)のように「兎(と)」が用いられている言葉には、
    「玉兎(ぎょくと)・玄兎(げんと)・脱兎(だっと)・烏兎(うと)」などがあります。

     

    兎角(とかく)のように「角(かく)」が用いられている言葉には、
    「一角(いっかく)・角界(かくかい)・角材(かくざい)・角膜(かくまく)」などがあります。

     

     

    次の章で兎角の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.兎角の意味と類義語について

     

    では兎角の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず兎角は「現実には存在しないもののたとえ/あれこれ。いろいろ/ある傾向が強いさま。ともすれば/とにかく。何にせよ」の意味として用いられています。

     

    兎角は”兎(うさぎ)角(つの)”と書き表されますが、兎には角が生えていないことから、「現実には存在しないもののたとえ」の意味がきています。

     

     

     

    兎角を用いた例文としては、「彼には兎角うわさが絶えない」や、
    「焦ってしまうと兎角失敗しがちだ」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「あれこれ。いろいろ」の意味で、
    後者の例文は「ある傾向が強いさま。ともすれば」の意味で使用しています。

     

     

     

    また兎角の類義語としては、「時折(ときおり)・度々(たびたび)・毎度(まいど)・折節(おりふし)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても兎角と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「兎角の読み方と意味、”とにかく”と”とかく”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ