氷雨の読み方と意味、「ひさめ」と「ひょうう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「氷雨」という言葉があります。

     

    この氷雨に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    氷雨がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは氷雨の読み方と意味、「ひさめ」と「ひょうう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.氷雨の正しい読み方は「ひさめ」「ひょうう」?

     

    では氷雨の正しい読み方は、「ひさめ」「ひょうう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、氷雨の正しい読み方は「ひさめ」「ひあめ」になります

     

    氷雨の”氷”は「こおり」「ひょう」「ひ」、”雨”は「あめ」「う」と読むことができますが、氷雨を「ひょうう」と読むのは間違いです。

     

     

    ただ一般的には氷雨は「ひさめ」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    また氷雨の”雨”の読み方は「あめ」と読むことはできますが、それ単体では「さめ」と読むことはできません。

     

    氷雨のように「ひあめ」ではなく、「ひさめ」と変化して読むのは、日本語の「音韻添加(おんいんてんか)」と呼ばれているものです

     

     

    音韻添加とは、”語を合成したときに、発音しやすくするため、元々の音に新しい音が加えられる現象のこと”を言います。

     

     

    氷雨(=合成した後の語)であれば、合成する前は氷(ひ)[hi]+雨(あめ)[ame]で、そのまま合成すると氷雨(ひあめ)[hiame]となりますが、音韻添加により”s”が追加され、氷雨(ひさめ)[hisame]と変化します。

     

    ・氷(ひ)[hi] + 雨(あめ)[ame] → 氷雨(ひさめ)[hisame]

     

     

     

    例えば「小雨(こさめ)」や「霧雨(きりさめ)」は音韻添加なしで読むと、
    「こあめ」や「きりあめ」と読むのが普通です。

     

    ・小(こ)[ko] + 雨(あめ)[ame] → 小雨(こさめ)[kosame]

     

    ・霧(きり)[kiri] + 雨(あめ)[ame] → 霧雨(きりさめ)[kirisame]

     

     

    もともと”雨”という字には「さめ」という読み方は存在しません

     

     

    ですが日本語では音韻添加によって元々の音に新しい音が加えられるため、
    「小雨(こさめ)」「霧雨(きりさめ)」と変化させて読んでいるのです。

     

    ただすべての言葉が音韻添加によって、元々の音に新しい音が加えられるわけではないので、注意してください。

     

     

    次の章で氷雨の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.氷雨の意味と類義語について

     

    では氷雨の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず氷雨は「雹(ひょう)や霰(あられ)のこと/霙(みぞれ)のこと。また、霙に近い、極めて冷たい雨のこと」の意味として用いられています。

     

     

    氷雨を用いた例文としては、「氷雨が降る」や、
    「原因は氷雨を伴う強風によるものだ」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また氷雨の類義語としては、「時雨(しぐれ)・粉雪(こなゆき)・冷雨(れいう)・氷雪(ひょうせつ)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても氷雨と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「氷雨の読み方と意味、”ひさめ”と”ひょうう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ