以下・以上・未満・超えるの違いとは?簡単な覚え方について

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて以下・以上・未満・超えるという言葉はよく使われますが、
    しっかり覚えていないと分からなくなってしまいますよね。

     

    いつも分からなくなってしまいがちなのが、
    その数字を含むのか・含まないのかということです。

     

    これらは学生のときだけでなく社会人になってからも度々使われるため、
    大事な場面で分からなくなる前に完璧に覚えておきたいものです。

     

    そこでこのページでは以下・以上・未満・超えるの違いとは?
    またこれらの簡単な覚え方についてまとめました。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.以下・以上・未満・超えるの違いとは?

     

    では以下・以上・未満・超えるの違いを見ていきましょう。

     

    • 以下(含む)⇒”100以下=〜100”
    • 以上(含む)⇒”100以上=100〜”
    • 未満(含まない)⇒”100未満=〜99”
    • 超える(含まない)⇒”100を超える=101〜”

     

    上記にそれぞれの違いを簡単にまとめました。
    含む・含まないというのは基準となる数字のことです。

     

    次の章でより具体的な例で説明していきますね。

     

    2.具体的な例

    まず0〜1000までの範囲で100を基準として、
    それぞれが示す数字を見ていきましょう。

     

    • ”100以下”が示す数字の範囲⇒”0〜100”
    • ”100以上”が示す数字の範囲⇒”100〜1000”
    • ”100未満”が示す数字の範囲⇒”0〜99”
    • ”100を超える”が示す数字の範囲⇒”101〜1000”

     

    上記の通りで以下・以上については基準を含み、
    未満・超えるについては基準を含みません。

     

    3.簡単な覚え方について

    では簡単な覚え方について説明していきます。

     

    これらの言葉でよく分からなってしまうケースというのは、
    ”以下・以上”と”未満・超える”が基準を含むのか含まないのかということですよね。

     

    ですのでどちらか一方を完璧に覚えてしまえば、
    もう片方を無理に覚える必要もなくなります。

     

     

    そして簡単な覚え方としては、”未満”の漢字の意味を理解すれば良いのです。

     

    未満を”未(いま)だ満たない”というように理解しましょう。

     

    例えば100未満なら”100に未(いま)だ満たない”と解釈できるので、
    基準となっている100を含まないということが分かりますよね。

     

    このように覚えてしまえば、
    未満の対になっている超えるも基準を含まないということが分かります

     

    未満と超えるが基準を含まないのだとすれば、
    以下と以上は基準を含むということが分かりますね。

     

    また厳密に言えば、未満の正式な対義語は”超過(ちょうか)”になりますのでご注意を。

     

     

    「以下・以上・未満・超えるの違いとは?簡単な覚え方について」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    4.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 以下と以上は基準を含み、未満と超えるは基準を含まない。
    • 簡単な覚え方としては、未満を”未(いま)だ満たない”と解釈することである。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ