神無月とは何月のこと?意味と由来、読み方とは?神無月の別名は?

 

 

さてあなたは神無月とは何かをご存知でしょうか。

 

いま現在では日本での暦は主に新暦が使われていますが、
昔は新暦ではなく旧暦が使用されていました。

 

神無月というのは日本での旧暦の時代における月(1月、2月・・・)の名称なのですが、
現在ではほとんど使用されることがないので分からない人も多いでしょう。

 

そこでこのページでは神無月とは何月のことを指しているのか?
また神無月の意味・由来・読み方・別名について簡単に解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.神無月とは何月のことを指しているのか?


では神無月とは何月のことを指しているのか見ていきましょう。

 

神無月とは旧暦における月(1月、2月、3月・・・)の名称のことで、
新暦(いま現在の暦)でいうところの”10月”のことを指しています

 

いまだと1年間が365日(うるう年だと366日)というのは一般的ですが、
それはいま現在使用されているのが新暦だからです。
(いま現在使用されている暦は、太陽暦のひとつであるグレゴリオ暦です)

 

日本における旧暦では天保暦(太陰太陽暦のひとつ)が使用されていましたが、
旧暦(天保暦)に従った場合は1年間が354日ということになります。

 

 

そしてこの旧暦が使用されていたときの月の名称が”神無月”であり、
暦が新暦に改暦された現在では神無月という名称から”10月”に変更されました

 

 

ですが神無月(旧暦の月)と10月(新暦の月)では季節にずれが発生していて、
”だいたい1ヶ月〜2ヶ月ほど”のずれがあるので注意が必要です。

 

なので神無月の時期は旧暦と新暦における季節のずれを考慮すると、
新暦(現在の暦)でいうところの”10月下旬〜12月上旬”のことを表していることになります。

 

2.神無月の意味・由来・読み方について

 

では神無月の意味・由来・読み方について見ていきましょう。

 

まず神無月は旧暦における10月のことで、読み方は”神無月(かんなづき)”になります

 

そして神無月の意味・由来としては諸説ありますが、
全国の神々が出雲大社に集まる”神の月”からきている説が有力です。

 

 

旧暦の10月になると全国の八百万(やおよろず)の神様たちが、
島根県にある出雲大社へと会議のために集まるものだと考えられていました

 

旧暦の6月である水無月と考え方は同じで”無”は”ない”ではなく”の”を意味するので、
神無月に関しても”神のいない月”ではなく”神の月”という意味で捉えます。

 

これにより旧暦の10月は全国から神様が集まる月ということから、
”神無月(=神の月)”と呼ばれるようになったんですね。

 

 

また他にも神無月の”無”をそのまま”ない(=存在しない)”という意味で捉えて、
神様がいなくなった地域では旧暦の10月を”神無月(かみなしづき)”と呼んでいたり。

 

反対に全国から神様が集まる地域(出雲)では、”神在月(かみありつき)”と呼ばれていたという説もあります。

 

3.神無月の別名とは何か?

旧暦の月名である神無月(かんなづき)ですが、実は神無月という名称以外にも別名がたくさんあります。

 

いまだと10月のことは10月としか言わず別名はありませんが、
昔は月名に生活や季節に関連する呼び方をしていました。

 

そしてその月を表す名称もひとつやふたつではありません。

 

では神無月の別名には一体どういう名称のものがあるのかを見ていきましょう。

 

初冬(しょとう)

神無月が別名で初冬(しょとう)と呼ばれるのは、その年で初めて冬が訪れる月という理由からです。

 

現在の暦(新暦)における季節では冬は12月・1月・2月ですが、
旧暦における季節では冬というのは10月・11月・12月になります。

 

ですので神無月(旧暦の10月)というのはその年で初めて冬が訪れる月になるため、
神無月の別名として初冬(しょとう)と呼ばれているんですね。

 

神去月(かみさりづき)

神無月が別名で神去月(かみさりづき)と呼ばれるのは、出雲に神が集まり各地で神が不在になるという理由からです。

 

旧暦における10月(神無月)は島根県にある出雲大社に、
全国の神様たちが集まるとされています。

 

しかし出雲には神様は集まりますが他の地域では神様が去って不在となる月のため、
神無月の別名として神去月(かみさりづき)と呼ばれています。

 

時雨月(しぐれづき)

神無月が別名で時雨月(しぐれづき)と呼ばれるのは、時雨が起こる月という理由からです。

 

時雨(しぐれ)はだいたい秋から冬にかけて起こる雨のことで、
一時的に降ったり止んだりする雨のことを言います。

 

時雨は季語にも用いられることがありますが、
そのときは秋ではなく”冬”の季語になるので注意が必要です。

 

他の神無月の別名(箇条書き)

”初冬(しょとう)”、”神去月(かみさりづき)”、”時雨月(しぐれづき)”以外にも、
神無月の別名として呼ばれている名称について下に箇条書きにしてみました。

<神無月の別名の一覧>

  • 神在月(かみありづき)←出雲地方での名称
  • 神有月(かみありづき)←出雲地方での名称
  • 孟冬(もうとう)
  • 鏡祭月(きょうさいげつ)
  • 小春(こはる)
  • 鎮祭月(ちんさいげつ)
  • 初霜月(はつしもづき)
  • 応章(おうしょう)
  • 開冬(かいとう)
  • 亥冬(がいとう)
  • 吉月(きつげつ)
  • 坤月(こんげつ)
  • 正陰月(せいいんづき)
  • 立冬(りっとう) などなど

※上記以外にも神無月の別名は数多く存在しています。

 

以上が「神無月とは何月のこと?意味と由来、読み方とは?神無月の別名は?」でした。

 

 

4.まとめ

これまで説明したことをまとめますと、

  • 神無月(かんなづき)とは、旧暦における10月のこと。
  • 神無月と新暦の10月には季節にずれがあり、神無月は現在の10月下旬〜12月上旬のことになる。
  • 神無月の由来は、全国の神々が出雲大社に集まる”神の月”からきている。

 

 

関連ページ