固体と個体の違いとは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さてあなたは”固体”と”個体”という言葉をご存知でしょうか。

     

    これらは読み方がまったく同じ言葉で、漢字も少し似ているため、
    なかには同じような意味として捉えている人もいるかもしれません。

     

    ですがこれらの言葉の意味はそれぞれ異なるものです。

     

    そこでこのページでは、固体と個体の違いについて簡単に解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.固体と個体の違いについて

     

    では固体と個体の違いについて解説していきます。

     

    結論から言ってしまうと固体と個体の違いは、
    物質の状態を表した言葉なのか、個々の生物を指す言葉なのかになります。

     

    固体(こたい)とは”物質の状態”のことを表している言葉で、
    個体(こたい)とは”個々の生物のこと”を表している言葉です

     

    さて固体と個体それぞれについて詳しく見ていきましょう。

     

    固体とは?

    まず固体とは、物質の状態のひとつを表している言葉です。

     

    物質には気体・液体・固体と呼ばれる3つの状態が存在していて、
    例えば水(液体)が固体に変化すると氷、気体に変化すると水蒸気になります。

     


    ※上図はそれぞれの状態変化の名称を表しています

     

    そしてこのように物質の状態が変化することを”物質の状態変化”、
    物質の状態である気体・液体・固体をまとめて”物質の三態”と言います

     

    また”プラズマ”という言葉を聞いたことがあるという人もいると思いますが、
    プラズマは気体・液体・固体に続く”第4の状態”です。

     

     

    ちなみに”水=100℃で沸騰する”と覚えている人も多いかもしれませんが、
    これは場所によって異なり、周囲の気圧が低い所では100℃よりも低い温度で沸騰します。
    (富士山の頂上では約87℃で水は沸騰する)

     

    なのでどこでも水は100℃で沸騰するわけではないので、覚えておきましょう。

     

    個体とは?

    次に個体とは、個々の生物を表している言葉です。

     

    例えば人間・犬・猫などは個体(個々の生物)のことを表しており、
    個体というのは”生物における分類”と覚えた方が分かりやすいです。

     

     

    個体を用いた言葉には、よく耳にするもので「個体名」や「個体差」があります。

     

     

    個体名というのはその個体における固有の名前のことで、
    犬にポチと名前を付けると、その犬の個体名は”ポチ”となります
    (人間にも一人ずつ名前が付いていますが、その名前が個体名です)

     

     

    個体差というのは、その個体における能力などの差のことで、
    人間で言えば”頭の良さ”や”身体能力の高さ”などが挙げられます。

     

    人間(個体)の中でも頭が良い人もいれば悪い人もいて、
    足が速い人もいれば足が遅い人もいますよね。

     

    このように同じ個体において生じる差のことを”個体差”と言います。
    (人間であれば個人差とも言われます)

     

     

    以上が「固体と個体の違いとは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    2.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 固体とは、物質の状態のひとつのこと。
    • 個体とは、個々の生物のことを指す(人間・犬・猫など生物における分類)。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ