お手隙の読み方と意味、「おてすき」と「おてしょう」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「お手隙」という言葉があります。

 

このお手隙に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
お手隙がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページではお手隙の読み方と意味、「おてすき」と「おてしょう」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.お手隙の正しい読み方は「おてすき」「おてしょう」?

 

ではお手隙の正しい読み方は、「おてすき」「おてしょう」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、お手隙の正しい読み方は「おてすき」になります

 

お手隙の”隙”は「すき」「げき」と読むことはできますが、「しょう」と読むことはできないので、お手隙を「おてしょう」と読むのは間違いです

 

 

またお手隙(おてすき)のように「隙(すき)」が用いられている言葉は、
お手隙の他には「隙間(すきま)」しか見つけることができませんでした。

 

 

次の章でお手隙の意味と類義語について解説していきます。

 

2.お手隙の意味と類義語について

 

ではお手隙の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まずお手隙は「することがなくて暇(ひま)なこと。手があいていること」の意味として用いられています。

 

 

お手隙を用いた例文としては、「お手隙の際にお越しください」や、
「お手隙ならお願いしたいことがあります」のような使い方で用いられています。

 

 

 

またお手隙の類義語としては、「余暇(よか)・余裕(よゆう)・閑暇(かんか)・退屈(たいくつ)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についてもお手隙と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「お手隙の読み方と意味、”おてすき”と”おてしょう”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ