驕りの読み方と意味、「おごり」と「たかり」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「驕り」という言葉があります。

 

この驕りに使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは驕りの読み方と意味、「おごり」と「たかり」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.驕りの正しい読み方は「おごり」「たかり」?

 

では驕りの正しい読み方は、「おごり」「たかり」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、驕りの正しい読み方は「おごり」になります

 

驕りの”驕”は「おご(る)」「きょう」と読むことはできますが、「たか(る)」と読むことはできないので、驕りを「たかり」と読むのは間違いです。

 

 

「たかり」というのは、”集り”と書き表されるため注意が必要です。

 

 

次の章で驕りの意味と類義語について解説していきます。

 

2.驕りの意味と類義語について

 

では驕りの意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず驕りは「いい気になること。調子に乗ること。思い上がり」の意味として用いられています。

 

 

驕りを用いた例文としては、「その驕りが油断を生む」や、
「彼の言葉の端々に驕りがみえる」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また驕りの類義語としては、「慢心(まんしん)・高慢(こうまん)・侮る(あなどる)・自惚れる(うぬぼれる)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても驕りと意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「驕りの読み方と意味、”おごり”と”たかり”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ