このページの先頭へ

北嶺の読み方と意味、「ほくれい」と「ほくりょう」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われることはほとんどないですが、「北嶺」という言葉があります。

     

    この北嶺に使用されている漢字(特に”嶺”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは北嶺の読み方と意味、「ほくれい」と「ほくりょう」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.北嶺の正しい読み方は「ほくれい」「ほくりょう」?

     

    では北嶺の正しい読み方は、「ほくれい」「ほくりょう」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、北嶺の正しい読み方は「ほくれい」になります

     

    北嶺の”嶺”は「みね」「れい」「りょう」と読むことができますが、
    北嶺は「ほくれい」と読むのが正しく、「ほくりょう」と読むのは間違いです

     

     

     

    また北嶺(ほくれい)のように「北(ほく)」が用いられている言葉には、
    「北斗(ほくと)・北洋(ほくよう)・北端(ほくたん)・以北(いほく)」などがあります。

     

    北嶺(ほくれい)のように「嶺(れい)」が用いられている言葉には、
    「嶺雲(れいうん)・海嶺(かいれい)・銀嶺(ぎんれい)・翠嶺(すいれい)」などがあります。

     

     

    次の章で北嶺の意味について解説していきます。

     

    2.北嶺の意味について

     

    では北嶺の意味について見ていきましょう。

     

    まず北嶺は「比叡山(ひえいざん)のこと/比叡山延暦寺(えんりゃくじ)のこと」の意味として用いられています。

     

    比叡山は和歌山県の高野山(こうやさん)を南山、延暦寺は奈良県の興福寺(こうふくじ)を南嶺と呼ぶのに対して北嶺と呼ばれています。

     

     

    比叡山は”京都市と大津市(滋賀県)とにまたがる山”で、延暦寺は”標高848メートルの比叡山全域を境内とする、天台宗の総本山の寺院のこと”です。

     

     

    以上が「北嶺の読み方と意味、”ほくれい”と”ほくりょう”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ