このページの先頭へ

白朮の読み方と意味、「はくじゅつ」と「びゃくじゅつ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われることはあまりないですが、「白朮」という言葉があります。

     

    この白朮に使用されている漢字(特に”朮”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは白朮の読み方と意味、「はくじゅつ」と「びゃくじゅつ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.白朮の正しい読み方は「はくじゅつ」「びゃくじゅつ」?

     

    では白朮の正しい読み方は、「はくじゅつ」「びゃくじゅつ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、白朮の正しい読み方は「びゃくじゅつ」になります

     

    白朮の”白”は「しろ」「はく」「びゃく」、”朮”は「おけら」「じゅつ」と読むことができますが、白朮は「びゃくじゅつ」と読むのが正しく、「はくじゅつ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また白朮(びゃくじゅつ)のように「白(びゃく)」が用いられている言葉には、
    「白夜(びゃくや)・白蓮(びゃくれん)・黒白(こくびゃく)・啓白(けいびゃく)」などがあります。

     

    白朮(びゃくじゅつ)のように「朮(じゅつ)」が用いられている言葉は、
    白朮の他には「蒼朮(そうじゅつ)」しか見つけることができませんでした。

     

     

    次の章で白朮の意味について解説していきます。

     

    2.白朮の意味について

     

    では白朮の意味について見ていきましょう。

     

    まず白朮は「キク科オケラ属植物の根茎(こんけい)の周りの皮を剥(は)いだ漢方生薬のこと」の意味として用いられています。

     

     

    健胃・利尿薬などに用いられ、屠蘇散(とそさん)・蚊遣(かや)りなどの材料にもされています

     

    屠蘇散というのは”元旦に服用する延命長寿の漢方薬のこと”で、
    蚊遣りというのは”蚊を追い払うために、煙をくゆらし立てること”を意味します。

     

     

    以上が「白朮の読み方と意味、”はくじゅつ”と”びゃくじゅつ”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ