このページの先頭へ

田螺の読み方と意味、「タニシ」と「でんら」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

    さて日常的に使われるもので「田螺」という言葉があります。

     

    この田螺に使用されている漢字(特に”螺”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは田螺の読み方と意味、「タニシ」と「でんら」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.田螺の正しい読み方は「タニシ」「でんら」?

     

    では田螺の正しい読み方は、「タニシ」「でんら」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、田螺の正しい読み方は「タニシ」になります

     

    田螺の”田”は「た」「でん」、”螺”は「つぶ」「にし」「ら」と読むことができますが、田螺は「タニシ」と読むのが正しく、「でんら」と読むのは間違いです

     

     

     

    また田螺(たにし)のように「田(た)」が用いられている言葉には、
    「田舟(たぶね)・窪田(くぼた)・代田(しろた)・田吾作(たごさく)」などがあります。

     

    田螺(たにし)のように「螺(にし)」が用いられている言葉には、
    「赤螺(あかにし)・沖螺(おきにし)・疣螺(いぼにし)・長螺(ながにし)」などがあります。

     

     

    次の章で田螺の意味について解説していきます。

     

    2.田螺の意味について

     

    では田螺の意味について見ていきましょう。

     

    まず田螺は「タニシ科の巻き貝の総称のこと」の意味として用いられています。

     

    貝殻は丸みのある円錐(えんすい)形で薄く、殻表は滑らかで黒緑色をしており、水田や池沼に生息しています。

     

     

    また田螺は食用とされていますが、寄生虫の宿主ともなるため、食用にする場合は十分に熱する必要があります

     

     

    以上が「田螺の読み方と意味、”タニシ”と”でんら”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ