駱駝の読み方と意味、「ラクダ」と「かくじゃ」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「駱駝」という言葉があります。

 

この駱駝に使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは駱駝の読み方と意味、「ラクダ」と「かくじゃ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.駱駝の正しい読み方は「ラクダ」「かくじゃ」?

 

では駱駝の正しい読み方は、「ラクダ」「かくじゃ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、駱駝の正しい読み方は「ラクダ」になります

 

駱駝の”駱”は「らく」、”駝”は「た」「だ」と読むことができますが、”駱”は「かく」、”駝”も「じゃ」と読むことはできず、駱駝を「かくじゃ」と読むのは間違いです。

 

 

 

また駱駝(ラクダ)のように「駱(らく)」が用いられている言葉は、
駱駝の他には「駱駅(らくえき)」しか見つけることができませんでした。

 

駱駝(ラクダ)のように「駝(だ)」が用いられている言葉は、
駱駝の他には「駝鳥(ダチョウ)・駝馬(だば)」しか見つけることができませんでした。

 

 

次の章で駱駝の意味について解説していきます。

 

2.駱駝の意味について


※上はフタコブラクダの写真

 

では駱駝の意味について見ていきましょう。

 

まず駱駝は「ラクダ科ラクダ属の哺乳(ほにゅう)動物のこと」の意味として用いられています。

 

 

アジア・アフリカの砂漠地方に生息し、体は黄褐色で四肢と首が長く、背中に脂肪を蓄えたこぶが1つまたは2つあります

 

こぶが1つあるものを”ヒトコブラクダ”、こぶが2つあるものを”フタコブラクダ”と呼びます。

 

 

以上が「駱駝の読み方と意味、”ラクダ”と”かくじゃ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ