教示の読み方と意味、「きょうし」と「きょうじ」正しいのは?

 

さて日常的に使われるもので「教示」という言葉があります。

 

この教示に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
教示がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

 

そこでこのページでは教示の読み方と意味、「きょうし」と「きょうじ」どちらが正しいのかを解説します。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

1.教示の正しい読み方は「きょうし」「きょうじ」?

 

では教示の正しい読み方は、「きょうし」「きょうじ」どちらなのかを見ていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、教示の正しい読み方は「きょうし」「きょうじ」の両方になります

 

教示の”教”は「おし(える)」「きょう」、”示”は「しめ(す)」「し」「じ」と読むことができます。

 

 

ただ一般的には教示は「きょうじ」と読むことがほとんどです。

 

 

 

また教示(きょうし)のように「示(し)」が用いられている言葉には、
「示唆(しさ)・示範(しはん)・黙示(もくし)・図示(ずし)」などがあります。

 

教示(きょうじ)のように「示(じ)」が用いられている言葉には、
「暗示(あんじ)・開示(かいじ)・誇示(こじ)・明示(めいじ)」などがあります。

 

 

次の章で教示の意味と類義語について解説していきます。

 

2.教示の意味と類義語について

 

では教示の意味と類義語について見ていきましょう。

 

まず教示は「教え示すこと」の意味として用いられています。

 

 

教示を用いた例文としては、「ご教示いただければ幸いです」や、
「ご教示のほどよろしくお願い致します」のような使い方で用いられています。

 

 

 

また教示の類義語としては、「指導(しどう)・陶冶(とうや)・示唆(しさ)・薫陶(くんとう)」などの言葉が挙げられます

 

どの言葉についても教示と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

 

 

以上が「教示の読み方と意味、”きょうし”と”きょうじ”正しいのは?」でした。

 

 

3.まとめ