大逆の読み方と意味、「たいぎゃく」と「だいぎゃく」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「大逆」という言葉があります。

     

    この大逆に用いられている漢字自体はさほど難しくないですが、
    大逆がどの読み方なのか悩んだことがあるという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは大逆の読み方と意味、「たいぎゃく」と「だいぎゃく」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.大逆の正しい読み方は「たいぎゃく」「だいぎゃく」?

     

    では大逆の正しい読み方は、「たいぎゃく」「だいぎゃく」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、大逆の正しい読み方は「たいぎゃく」「だいぎゃく」の両方になります

     

    大逆の”大”は「おお(きい)」「だい」「たい」と読むことができます。

     

     

    ただ一般的には大逆は「たいぎゃく」と読むことがほとんどです。

     

     

     

    また大逆(たいぎゃく)のように「大(たい)」が用いられている言葉には、
    「大器(たいき)・大気(たいき)・大局(たいきょく)・大義(たいぎ)」などがあります。

     

    大逆(だいぎゃく)のように「大(だい)」が用いられている言葉には、
    「寛大(かんだい)・巨大(きょだい)・広大(こうだい)・最大(さいだい)」などがあります。

     

     

    次の章で大逆の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.大逆の意味と類義語について

     

    では大逆の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず大逆は「主君・親を殺すなどの、人の道に背(そむ)く最も悪質な行為のこと」の意味として用いられています。

     

     

    大逆を用いた例文としては、「彼は大逆罪に問われた」や、
    「大逆を計画したが、失敗に終わった」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また大逆の類義語としては、「謀反(むほん)・反旗(はんき)・反逆(はんぎゃく)・裏切り(うらぎり)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても大逆と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「大逆の読み方と意味、”たいぎゃく”と”だいぎゃく”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ