猟人の読み方と意味、「かりうど」と「かりゅうど」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「猟人」という言葉があります。

     

    この猟人に使用されている漢字(特に”猟”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは猟人の読み方と意味、「かりうど」と「かりゅうど」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

     

     

    1.猟人の正しい読み方は「かりうど」「かりゅうど」?

     

    では猟人の正しい読み方は、「かりうど」「かりゅうど」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、猟人の正しい読み方は「かりうど」「かりゅうど」「かりびと」「さつひと」「りょうじん」になります

     

    猟人の”猟”は「か(る)」「か(り)」「りょう」、”人”は「ひと」「にん」「じん」(連濁により「びと」)と読むことができます。

     

    (連濁とは、2つの語が結びついて1つの語になるときに、発音しやすくするために、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する現象のこと)

     

     

     

    ただ一般的には猟人は「かりゅうど」と読むことが多く、猟人は”狩人”と書き表されることが多いです。

     

    (猟人を「さつひと」と読むのは当て字です)

     

     

     

    また猟人の”人”の読み方は連濁により「びと」と読むことはできますが、
    もともとそれ単体では「うど」という読み方をすることはできません。

     

    猟人のように「かりびと」ではなく、「かりうど」と変化して読むのは、日本語の音便(おんびん)のひとつである”ウ音便”と呼ばれているものです

     

    (音便とは、”発音しやすくするために、言い方を変えること”です)

     

     

    ウ音便とは、”語中・語尾の「く」「ぐ」「ひ」「び」「み」などの音が、「う」の音に変化する現象のこと”を言います。

     

    猟人であれば、”猟人(かりと) → 猟人(かりど)”となり、「び」の音が「う」の音に変化します。

     

    「び」の音が「う」の音に変化して、そこからさらに発音しやすいように変化して猟人は「かりうど」と読まれるようになりました。

     

     

     

    そして猟人を「かりうど」ではなく、「かりゅうど」と読むのは、日本語の”音韻融合(おんいんゆうごう)”によるものです。

     

     

    音韻融合とは、”前の語と後ろの語の音が合わさる現象のこと”です。

     

    猟人であれば、猟人(かりうど)[kariudo] → 猟人(かりゅうど)[karyuudo]

     

     

    音韻融合の例として、猟人の他にも落人(おちゅうど)があります。

     

    ・落人(おちうど)[otiudo] → 落人(おちゅうど)[otyuudo]

     

     

    このように猟人は日本語の音便のひとつであるウ音便により「かりうど」、音韻融合により「かりゅうど」と読むことができます。

     

     

    次の章で猟人の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.猟人の意味と類義語について

     

    では猟人の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず猟人は「鳥や獣をとるのを職業としている人。猟師のこと」の意味として用いられています。

     

     

    猟人を用いた例文としては、「彼は優れた猟人です」や、
    「獲物に見つからないよう猟人は息を潜めている」のような使い方で用いられています。

     

     

     

    また猟人の類義語としては、「勢子(せこ)・漁師(りょうし)・鵜匠(うしょう)・狩猟(しゅりょう)」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても猟人と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「猟人の読み方と意味、”かりうど”と”かりゅうど”正しいのは?」でした。

     

     

    3.まとめ