檜扇の読み方と意味、「ひおうぎ」と「ひのきおうぎ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「檜扇」という言葉があります。

     

    この檜扇に使用されている漢字(特に”檜”)は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは檜扇の読み方と意味、「ひおうぎ」と「ひのきおうぎ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.檜扇の正しい読み方は「ひおうぎ」「ひのきおうぎ」?

     

    では檜扇の正しい読み方は、「ひおうぎ」「ひのきおうぎ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、檜扇の正しい読み方は「ひおうぎ」になります

     

    檜扇の”檜”という字は「ひのき」「ひ」「かい」と読むことができますが、
    檜扇は「ひおうぎ」と読むのが正しく、「ひのきおうぎ」と読むのは間違いです

     

     

     

    また檜扇(ひおうぎ)のように「檜(ひ)」が用いられている言葉には、
    「檜垣(ひがき)・檜葉(ひば)・唐檜(とうひ)・檜物師(ひものし)」などがあります。

     

    檜扇(ひおうぎ)のように「扇(おうぎ)」が用いられている言葉には、
    「舞扇(まいおうぎ)・張扇(はりおうぎ)・京扇(きょうおうぎ)」などがあります。

     

     

    次の章で檜扇の意味について解説していきます。

     

    2.檜扇の意味について

     

    では檜扇の意味について見ていきましょう。

     

    まず檜扇は「檜(ひのき)の薄板をとじて作った扇のこと/アヤメ科の多年草のこと」の意味として用いられています。

     

    檜扇に用いられる板の数は、近世では25枚または23枚と決められていました。

     

     


    ※上は檜扇(植物)の写真

     

    後者の意味である檜扇は、高さは約1メートルで、山野に自生し、
    葉は広い剣状で密に互生しており、檜扇(扇の方)を開いた形に似ています。

     

    夏頃に暗紅色の斑点をもつ黄赤色の花を咲かせ、実は秋頃に熟すと裂けて、光沢のある黒い種子が現れます。

     

    この黒色の種子のことを”ぬばたま”または”うばたま”と言います

     

     

     

    以上が「檜扇の読み方と意味、”ひおうぎ”と”ひのきおうぎ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 檜扇の正しい読み方は「ひおうぎ」で、「ひのきおうぎ」は間違い。
    • 檜扇は「檜の薄板をとじて作った扇のこと/アヤメ科の多年草のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ