烏鷺の読み方と意味、「うろ」と「ちょうろ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「烏鷺」という言葉があります。

     

    この烏鷺に使用されている漢字は普段あまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは烏鷺の読み方と意味、「うろ」と「ちょうろ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.烏鷺の正しい読み方は「うろ」「ちょうろ」?

     

    では烏鷺の正しい読み方は、「うろ」「ちょうろ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、烏鷺の正しい読み方は「うろ」になります

     

    烏鷺の”烏”は「からす」「う」、”鷺”は「さぎ」「ろ」と読むことはできますが、
    ”烏”は「ちょう」と読むことはできないので、烏鷺を「ちょうろ」と読むのは間違いです。

     

    烏鷺の”烏(からす・う)”という字は、”鳥(とり・ちょう)”という字とよく似ているため注意が必要です。

     

     

     

    また烏鷺(うろ)のように「烏(う)」が用いられている言葉には、
    「屋烏(おくう)・烏有(うゆう)・烏薬(うやく)・烏喙(うかい)」などがあります。

     

    烏鷺(うろ)のように「鷺(ろ)」が用いられている言葉は、烏鷺の他には「鴉鷺(あろ)」しか見つけることができませんでした。

     

     

    次の章で烏鷺の意味について解説していきます。

     

    2.烏鷺の意味について

     

    では烏鷺の意味について見ていきましょう。

     

    まず烏鷺は「烏(からす)と鷺(さぎ)のこと/黒と白のこと/(烏を黒石、鷺を白石に見立てて)囲碁の別名のこと」の意味として用いられています。

     

     


    ※上は烏(からす)の写真

     

    烏(からす)というのは、”スズメ目カラス科カラス属の鳥の総称のこと”です。

     

    全長は約30〜60センチメートルで、全体的に黒くて、多くは人家のある所に棲み、雑食性になります

     

     


    ※上は鷺(さぎ)の写真

     

    鷺(さぎ)というのは、”コウノトリ目サギ科の鳥の総称のこと”です。

     

    見た目はツルに似ていて、やや小さく、飛翔時に首を縮めます。

     

    水辺に棲み、主に魚を捕食しますが、草原や森林に棲む種類のものや、昆虫などを捕食するものもいます

     

     

    以上が「烏鷺の読み方と意味、”うろ”と”ちょうろ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 烏鷺の正しい読み方は「うろ」で、「ちょうろ」は間違い。
    • 烏鷺は「烏と鷺のこと/黒と白のこと/(烏を黒石、鷺を白石に見立てて)囲碁の別名のこと」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ