舌苔の読み方と意味、「ぜったい」と「したごけ」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「舌苔」という漢字があります。

     

    この舌苔に使用されている漢字(特に”苔”)は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは舌苔の読み方と意味、「ぜったい」と「したごけ」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.舌苔の正しい読み方は「ぜったい」「したごけ」?

     

    では舌苔の正しい読み方は、「ぜったい」「したごけ」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、舌苔の正しい読み方は「ぜったい」になります

     

    舌苔の”舌”は「した」「ぜつ」、”苔”は「こけ」「たい」と読むことができますが、
    舌苔は「ぜったい」と読むのが正しく、「したごけ」と読むのは間違いです

     

     

    また舌苔(ぜったい)のように「舌(ぜっ)」が用いられている言葉には、
    「舌禍(ぜっか)・舌戦(ぜっせん)・舌頭(ぜっとう)・舌尖(ぜっせん)」などがあります。

     

    舌苔(ぜったい)のように「苔(たい)」が用いられている言葉には、
    「掃苔(そうたい)・蘚苔(せんたい)・苔径(たいけい)・青苔(せいたい)」などがあります。

     

     

    次の章で舌苔の意味について解説していきます。

     

    2.舌苔の意味について

     

    では舌苔の意味について見ていきましょう。

     

    まず舌苔は「舌の表面に見られる、灰白色・褐色・錆(さび)色などの苔状のもの」の意味として用いられています。

     

    舌苔は細菌・食べかす・口の中の粘膜などが舌に集まったものです。

     

    舌苔はできやすさが人によって異なり、タバコの吸い過ぎ・口呼吸・ストレスなどにより、
    唾液量が減ったり、口の中が渇いたりしてしまう人ほど舌苔ができやすくなります。

     

    舌苔が舌の上でたまってくると、口臭・味が感じにくくなる・誤嚥性(ごえんせい)肺炎などのリスクが高まります

     

    誤嚥(ごえん)というのは、誤って飲食物などが気管や肺に入ってしまうことで、
    それによって引き起こされる肺炎のことを”誤嚥性肺炎”と言います。

     

    舌苔をためておくと細菌もどんどん繁殖してしまい、口臭・味が感じにくくなる・誤嚥性肺炎などのリスクも高くなるため、舌ブラシなどによる日頃のケアがとても重要となります。

     

     

    以上が「舌苔の読み方と意味、”ぜったい”と”したごけ”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 舌苔の正しい読み方は「ぜったい」で、「したごけ」は間違い。
    • 舌苔は「舌の表面に見られる、灰白色・褐色・錆色などの苔状のもの」の意味。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ