麒麟の読み方と意味、「キリン」と「きれん」正しいのは?

  • ギモン雑学 TOP
  • 賢くなるための知恵
  • カテゴリー
  •  

     

    さて日常的に使われるもので「麒麟」という漢字があります。

     

    この麒麟に使用されている漢字は普段はあまり見ることはなく、
    どのような読み方なのか分からないという人も多いですよね。

     

    そこでこのページでは麒麟の読み方と意味、「キリン」と「きれん」どちらが正しいのかを解説します。

     

    どうぞご覧ください。

     

    スポンサーリンク

     

     

    1.麒麟の正しい読み方は「キリン」「きれん」?

     

    では麒麟の正しい読み方は、「キリン」「きれん」どちらなのかを見ていきましょう。

     

    結論から言ってしまうと、麒麟の正しい読み方は「キリン」になります

     

    麒麟の”麟”という字は「りん」と読むことはできますが、
    「れん」と読むことはできないので、麒麟を「きれん」と読むのは間違いです

     

     

    また麒麟(キリン)のように「麒(き)」が用いられている言葉は、
    「麒麟児(きりんじ)」しか見つけることができませんでした。

     

    麒麟(キリン)のように「麟(りん)」が用いられている言葉は、
    「獲麟(かくりん)・麒麟児(きりんじ)」しか見つけることができませんでした。

     

     

    次の章で麒麟の意味と類義語について解説していきます。

     

    2.麒麟の意味と類義語について

     

    では麒麟の意味と類義語について見ていきましょう。

     

    まず麒麟は「キリン科の哺乳類/古代中国の想像上の獣/人並み外れた才能の持ち主」の意味として用いられています。

     

    古代中国の想像上の獣である麒麟というのは、
    体は鹿、尾は牛、蹄(ひづめ)は馬、額(ひたい)は狼の獣です。

     

    頭には肉に包まれた1本の角、体の毛は黄色、背には様々な色の毛が生えていて、生草は踏まず、生物も食べないとされています。

     

     

    麒麟を用いた例文としては、「動物園に麒麟を見に行く」や、
    「将棋界の麒麟児」のような使い方で用いられています。

     

    前者の例文は「キリン科の哺乳類」の意味で、
    後者の例文は「人並み外れた才能の持ち主」の意味で使用しています。

     

     

    また麒麟の類義語としては、「一角獣(いっかくじゅう)・神獣(しんじゅう)・オカピ・ユニコーン」などの言葉が挙げられます

     

    どの言葉についても麒麟と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

     

     

    以上が「麒麟の読み方と意味、”キリン”と”きれん”正しいのは?」でした。

     

    スポンサーリンク

     

    3.まとめ

    これまで説明したことをまとめますと、

    • 麒麟の正しい読み方は「キリン」で、「きれん」は間違い。
    • 麒麟は「キリン科の哺乳類/古代中国の想像上の獣/人並み外れた才能の持ち主」の意味。
    • 麒麟の類義語には、「一角獣・神獣・オカピ・ユニコーン」などがある。

     

     このエントリーをはてなブックマークに追加 

     

    こちらもお勧め!

     

    関連ページ